傷・へこみの補修方法

ラバーウッド無塗装の場合は、基本、へこみなどがあった場合は、深い傷でなければお客様で補修が可能です

メラミンの場合

気をつけて使ってはいても毎日のことですので
傷ができてしまうこともあるでしょう。
傷ができてしまい、「あ~あ。。。」とあきらめることはありません。

 

ポリ合板やメラミンの場合、一旦傷ができてしまうと
お客様での補修は難しいのに対し、無垢の材料は傷の補修が可能です。

 

まずは、水を含ませ軽く絞った小さな脱脂綿やティッシュなどを傷の部分に埋め込んでください。(傷が深めの場合は、スポイトで水滴を直接たらしてみて下さい)

 

その上から当て布をし、低温でアイロンをかけてください。木は呼吸しており調湿性がありますので蒸らしてあげることで水分を吸収していきます。へこんでいた表面が少しづつ盛り上がってきます。

※傷の状態によっては、お客様では修復不可能な傷の場合もあります。

仕様のご相談や、分からないことなどお気軽にお問合せください。

営業担当:黒田

070-5366-9213

受付時間:午前9時〜午後6時