リノキッズ・ベッドデスク(クリックすると画像が拡大します)

ロフトベッドとリノキッズ製品の違い

リノキッズ製品は、通常のロフトベッドとどこが違うのかをポイント別にまとめてみました。

頭上の圧迫感がありません

リノキッズ二段ロフトベッド

従来のロフトベッド

ロフトベッドの上段はベッド、下段は机であったり、収納であったりします。特に机の場合は、頭上の圧迫感があり、身長の高いお子様は、頭をぶつけがちになります。

ところがリノキッズのデスクベッドは、机が水平移動をしてベッドが出てくるので、頭上の圧迫感が全くありません。ですので、身長の高いお子様でも安心して使用できます。

リノキッズ製品は頭上の圧迫感がありません

マットレスのお手入れが大変楽!

通常の二段ベッドは、柵もあり、マットレスのお手入れが大変

ロフトベッドは、上段部分にマットレスが置かれています。そのベッドに寝るのはお子様ですが、マットレスを卸し、カバーを外し、風通しの良い場所で湿気を飛ばすのは、他の誰でもないご両親になります。ロフトベッドは、マットレスが高い位置にあるので、マットレスのお手入れがとても面倒であるという声をよく耳にします。

ですが、リノキッズのデスクベッドは、腰より低い位置にベッドがありますので、大変楽にマットレスのお手入れができます。

リノキッズのデスクベッドは、マットレスのお手入れが楽です

腰の上げ下げがとても楽!

ロフトベッドは梯子を利用してベッドに上ります

ロフトベッドは、お子様が小さいうちは、梯子を使い、上りやすいので、言われなくても、上がったり、下りたりを苦無く行うものです。

ところが、中学生以上になり、体が大きくなるにつれて、梯子を上り下りするのも億劫になってきます。

ですが、リノキッズのデスクベッドは床からマットレスの上場までの高さが58センチ前後と、腰の上げ下げが楽な高さになっています。

 

 

 

リノキッズのデスクベッドは、床から58センチと腰の上げ下げが楽です

机の手元がとても明るい

リノキッズロータイプロフトベッド

ロフトベッドは、お部屋の照明では手元が暗い

ロフトベッドの場合は、上段がベッドであるがために、室内の照明だけでは、机の手元がとても暗く、視力の低下が気になるお子様は、悩むものです。

ところが、リノキッズのデスクベッドであれば、室内の照明で十分明かりをとることができます。

更に、電気スタンドをつければ更に明るくなります

リノキッズはお部屋の照明で勉強はできます

その他メニューのご紹介

リノキッズ商品の特徴

机の水平移動でコップのお水もこぼれません

商品ラインナップ

リノキッズ二段デスクベッド

価格や寸法記載してございます

相談設置事例

三畳のお部屋のケースなど様々

仕様のご相談や、分からないことなどお気軽にお問合せください。

営業担当:黒田

070-5366-9213

受付時間:午前9時〜午後6時